〒590-0952
大阪府堺市堺区市之町東6-2-15
トップページサイトマップお問い合わせ
香りを運んだ古道、竹内街道 >> TOP PAGE

香りを運んだ古道、竹内街道〜4章 橘のにほへる香かも〜

 奈良で天平文化が華やかだった頃、中国から様々な文物と共に、沢山の香木も薬として珍重され、国内に持ち込まれました。東大寺の正倉院には、当時の華やかな様子が今に伝えられている事はよく知られているかと思います。
 さて、時代は平安時代に移って、弘法大師が活躍した頃の話になります。弘法大師といえば、香りというより護摩を焚くイメージかも知れませんが、香りにまつわる話でいえば、滋賀の石山寺の国宝に指定されている「薫聖教(においのしょうぎょう)」というお経があります。

 滋賀県にある石山寺中興の祖であり、朝廷・貴族の信仰を集めた三代座主淳祐(じゅんゆう 890−953)のエピソードです。921年、淳祐は、醍醐天皇の命により師の観賢僧正が、高野山の弘法大師廟へ参入する際に随伴することになりました。その時、入定した大師の膝に偶然触れた淳祐内供の手に、その芳香が移り、いつまでも消えることなく、その手で書写された聖教にもその香気が移ったと伝えられます。この淳祐筆の聖教が「薫聖教」と呼ばれ、石山寺でも座主以外は見ることが許されませんでした。
 淳祐は、光源氏のモデルのひとりとされ、菅原道真の孫にあたります。

 さて、奈良時代から平安時代にかけて、他にはどんな香りが親しまれていたか、万葉集の歌などから探してみたいと思います。

 橘の にほへる香かも 霍公鳥 鳴く夜の雨に うつろひぬらむ 大伴家持

平安神宮の橘
 万葉集で人気の高い香りといえば、まずは橘の花の香りのように思います。5月に入ると、柑橘系の白い小さな花が緑の木々の中に咲き始めます。昔は夏みかんや柚子など庭先で見かけた事もありましたが、街中ではなかなか見る事が出来なくなってきたように思います。
 この花の香りは、ネロリという名前の精油の香りでアロマテラピーなどで人気の香りのひとつです。万葉の時代から花も実も木の枝も好まれていたようで、この花橘はほととぎすと対になって登場することが多いようです。

 五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする 藤原俊成

 橘の花といえば、こちらの歌の方がより知られているかも知れません。

2013.7.22掲載
| Home | News | Company | About Japanese incense | Products | Contact us | Link | Sitemap |
Copyright 2013 Okuno Seimeido All rights reserved.